ホーム>外構スタイルの種類

外構スタイルの種類

外構スタイルの種類

大切な家族と楽しい時間を過ごす空間であるマイホーム。そんなマイホームの雰囲気を大きく左右するのが外構です。
外構は「住まいの顔」になる部分です。より素敵にマイホームを演出するには、外構工事を施すことをおすすめします。
こちらでは外構スタイルの種類をご紹介します。

光が通り抜けるオープンスタイル

近年、日本では住宅の洋風化が進んでいます。それに伴い導入されている外構がオープンスタイルです。門扉や塀、フェンスなどで敷地を囲わず、開放感のある住宅を演出します。敷地内に光や風も通り抜けやすく、低めの植栽や芝生、草花などで道行く人々の目を楽しませることも出来ます。

防犯性への配慮が必要な一方、死角がないので泥棒の侵入防止に繋がり、防犯性を高めることもあります。小さな敷地でも広々と感じられるのは、オープンスタイルだからこそ演出を可能にしています。

視線が気にならないクローズスタイル

オープンスタイルとは反対に、少し背の高い門扉や塀、フェンスなどで敷地を囲う外構をクローズスタイルと言います。
外部からの侵入を防ぐだけでなく、周囲からの視線も遮るため、プライベートな空間を確保出来ます。

「閉鎖的・固い」などのイメージがあるものの、使用する素材やデザイン、植栽などを利用することで、魅力的な雰囲気に仕上げることが可能です。交通量の多い場所に建つ住宅や、プライバシー性を高めたい場合に適しています。

いいとこ取りのセミクローズスタイル

オープンスタイルとクローズスタイルのメリットを活かした、バランス重視の外構がセミクローズスタイルです。
オープンにするエリアと、クローズするエリアを自由に組み合わせられるケースが多く、デザイン面を重視したい時にピッタリです。開放的な立地や密集地に建つ住宅どちらにも向いていることから、最近はセミクローズスタイルが主流となってきています。

周辺環境や街全体の雰囲気などを考慮し、自分好みの外構スタイルを決めて下さい。茨城県・千葉県で外構工事をお考えの際は、G BOXまでお気軽にご相談下さい。選び抜かれた職人による確かな施工で、理想の住まい作りをお手伝い致します。カーポートやテラス、ガーデンルーム、樹脂ウッドデッキ、駐車場など、イメージに沿った外構工事を行って参ります。